SNSナンパ師の日記

SNSで女の子の連絡先をゲットする為には

今日は終電逃していいですか?23時からの決断・・・夜の営みは女豹と化しピンクの下着は紐パン誘惑がエロ過ぎる!第7章完結

ジュルルル

ンアっ

 

f:id:akira09171089:20200114154005j:plain

もっと激しく♡


チンチン

美味しい♡

 

あっ

我慢汁すごい

 

もっと

私で興奮して

 

ねぇ?

私じゃダメ?

 

俺は

酔っぱらって

咥えてもらい

 

気分が

最高だった

 

それに

眠気も加わると

何も雑念がなく

 

ただ

エロに

没頭出来るので

最高に気分がいい。

 

俺は

 

あー

気持ちい

 

と心で

思いながら

 

変態の

目で一心に

舐めてくれる

紗楽をみて興奮する。

 

こいつとなら

もっとエロいことが

できそうだ。と

 

これからの

セックスが楽しみで

仕方なかった

 

久しぶりに

変態な女とヤッた。

 

俺は

仰向けで

 

紗楽は

股の間。

 

徐々に

激しく舐められ

 

ベロまで

使うようになった。

 

舌が分厚いのが

直ぐ分かる。

 

口の中で

巧みに動かし

 

吸いながら顔を

動かされると

むっちゃ

 

気持ちよくなる。

 

これが

俺の心を

更に熱くさせ

 

顔を手で

抑え

 

奥まで

咥えさせた。

 

ウエッ

なりながらも

 

3分ほど

続けた。

 

かなり

苦しそうに

しているのが

顔の表情で分かる。

 

涙目で

チンコから

離れようとするからだ。

 

手を

バッ

離したら

 

はぁー

はぁー

 

息を荒くしていた。

 

ごめん

やり過ぎた。

 

むっちゃ

気持ちいよ。

 

お前

経験人数

どれくらい?

 

と聞くと

私・・・

 

そんな

無い。

 

5人くらいだよ。

 

恐らく

もっとヤッている。

 

それか

 

彼氏が

むっちゃ変態。

 

言えることは

ここまでフェラが上手いと

 

エッチが

したくなりすぎて

 

やばい。

 

ねぇ

服、脱いでいい?

 

我慢できなくなって

聞いて来たから

 

いいよ

と言って

 

1つ1つ

ボタンを外し

 

紗楽の顔を

確認しながら

脱がした。

 

こっち見ないで

恥ずかしい。

と言うから。

 

じゃー

外すのを止める

 

と返すと

 

嫌だ

って即答。

 

今、興奮してる?

 

うん

 

そして

恥ずかしい

 

恐らく

紗楽のあそこは

濡れている。

 

俺らだけの

時間を今は楽しもう。

 

うん

 

二人だけしか

知らない秘密

 

より

俺らの感度を

高めていった。

 

そして

 

ピンクの

可愛らしい下着。

 

かわいいね

というと

 

でしょ?

お気に入り

 

今日の為に

履いたの?

 

えっ

内緒♡

 

この

変態が。

 

あきらさんだって

変態じゃん。

 

今だけな。

 

やっぱり

あきらさんはずるい。

 

乙女心で

遊ぶなしw

 

別に

遊んでないけどね。

 

と言って

 

また

キスをした。

 

左の胸を

軽く揉む。

 

すると

 

あっ・いっ

と感じる声を出すので

 

気持ちい?

聞くと

 

うん。

 

もっと

触ってと

ねだられた。

 

だから

 

ブラの中に

手を入れて

 

乳首を

人差し指で触り

感度を高めさせた。

 

強くもなく

弱くもなく

 

紗楽が

痛がらない

絶妙なタッチで。

 

すると

 

あきらさん

雰囲気作るの

上手いよね。

 

丁寧だから

凄くいい。

 

前戯を

楽しめる男

 

好き♡

 

と褒められ

ありがとうと。

 

返した。

 

ゆっくり

胸から

 

指をなぞる様に

下げていき

 

くすぐったい

と言われるも

 

無視をして

パンツ越しに触る。

 

案の定

濡れていた。

 

というより

染みになってる。

 

いつから

濡れてる?

 

と聞くと

 

玄関で

キスされてから

ずっとだよ。

 

と正直に

教えてくれた。

 

嬉しい

もっと感じて

 

と伝え

 

指で

スジをいじる。

 

あっ

あっつっ

うぅうー

 

と声が

零れる。

 

無理

もう直接

触ってほしい。

 

脱がせてと

エロい甘い声で

耳元で囁かれた。

 

なので

 

俺は両端の

結び目を解き

 

紐をたゆませ

下半身が丸見え

状態にさせた。

 

全裸がいい

って言われたから

 

後ろ向いてもらい

ホックを外した。

 

あきらも

脱いで。

 

私だけ

裸は恥ずかしい。

 

一緒に裸で

イチャイチャしよ

 

脱ぐ気で

いたので

 

うん。

 

と返事をし

 

服を

床に落とした。

 

お互い服が

散らばったまま

 

そんなことも

気にせず

 

2人の世界に

没頭する。

 

入れての

合図で

 

俺は

ゴムを付け

 

紗楽は

仰向けで

待っていた。

 

そして

入れるね。

 

びしょ濡れに

なっている

 

アソコは

ニュルっと

吸い込まれる様に

 

1発で

挿入された。

 

あん♡

声に出されたので

 

関係なく

腰を振った。

 

紗楽の声は

これまで我慢してたぶん

 

めちゃめちゃ

喘がれた。

 

可愛い声だから

興奮がやばい

 

俺は嫌いじゃない。

 

そこから

 

胸が俺の乳首に

密着するように

くっ付いて

 

キスをしながら

腰を振った。

 

喘ぎ声が

キスのせいで

ごもる。

 

顔を見て目を

合わせようとしたら

 

逸らされた

 

だから

 

右手で

紗楽の顎を掴み

強制的に見つめさせた。

 

たった3秒間。

 

ドキドキ

止まらなかった。

 

そこから

俺が下になり

 

紗楽が

上で腰を

動かしてくれた。

 

スムーズに

振る感じが

 

たまらなく

エロい。

 

前後運動のあと

 

上下にも

動いてもらい

 

そのタイミングで

俺も軽く動かしたら

 

ちょっと

まってw

 

気持ちいから

止めて。と

 

こっそり

動かしているのが

ばれた。

 

そのあとに

俺も身体を起こし

対面座位をした。

 

この時が

一番キスしやすい。

 

なので

 

むっちゃ舌を入れて

ディープなキスをした。

 

目をつぶり

抱きかかえながら

頭を撫でて

 

同時に

優しく腰を

動かした。

 

そして

バックしよ。

 

と俺が言って

 

こっちと

ベットから

引っ張り出し

 

洗面台に

手を付かせて

お尻を出させた。

 

紗楽の

お尻は綺麗で

厚みもあり好き。

 

そして

 

鏡みてと

命令し

 

恥ずかしい・・・

と返されたが

 

もう既に

恥ずかしいこと

してるじゃん

 

と伝えたら

 

うんと言って

自分の顔を見た。

 

その鏡に

キスをさせ

 

紗楽と紗楽が

イチャついてる

光景を作った。

 

むっちゃ

エロいし興奮する。

 

そして

 

最後は

ベットに

移動し正常位。

 

紗楽は足が

ブルブルしすぎて

感度がいかれていた。

 

俺が

あっいく

イっていい?

 

と確認し

 

いいよ

出して♡

 

の声で発射。

 

むっちゃ

出たのがわかる。

 

凄い

ドクドクなってる。

 

いっぱい出た?

と聞かれた。

 

うん。と答え

直ぐには抜かず

 

キスをし

その後に

 

抜いた。

 

かなり

ミルクがでたw

 

これやばいね

凄い。と

 

喜ばれ

 

すげー

観察するじゃん

 

と笑った。

 

そのあとは

ティッシュ

取ってくれて

 

拭こうとしたら

ちょっと待って。

 

といきなり

パクっと咥えられ

 

最後の

エキスを絞り出された。

 

ちょっとバカ。

ダメだって。

 

敏感に

なり過ぎている

俺はかなりしんどかった。

 

シャワーを

二人で浴びて

 

俺が

先に上がり

 

ドライヤーで

髪を乾かし

 

ソファーに

座って一服。

 

セックスの後の

タバコはマジでうまい。

 

紗楽も上がり

乾かしている最中に

 

俺は自分の

携帯を確認。

 

そしたら・・・

 

あの

JKからラインが届いていた。

 

遅くにすいません。

私は友達の和樹です。

 

私に何かあったら

この人に連絡して。

 

と言われてたので

報告します。

 

あいつが3階から

飛び降りました

 

僕は

えっ!?と驚き

 

その声に

どした?

 

言われた。

 

うちの先生が

一人3階から飛び降りた。

 

自殺しようと

したらしい。

 

紗楽も

驚いた様子だった。

 

理由は

これから聞くけど

 

色々

なぞ過ぎて

 

俺も

情報整理が

追い付けてない。

 

とにかく

焦っていた。

 

あの時に何か

伝えたかったのか?

 

もし

電話に出ていたら

あいつは飛び降りなかったのか?

 

俺が

あいつを殺した?

 

凄く

追い込んで

怖くなった・・・

 

今日は何もあって

欲しくなかった。

 

一番

最悪な事態。

 

俺は

どうすることもなく

 

ただただ

頭を抱えた。

 

すると

 

紗楽が

大丈夫だよ

 

あきらさんの

せいじゃないよ

 

その子にも

何かしら

 

決めてたものが

あったんだよ。

 

だから

 

自分を追い込み

過ぎないで。

 

優しくされた。

 

俺は

声に出しては

泣いてはないが

 

鼻をすする程度で

涙を流していた。

 

紗楽が

物凄く心強い。

 

心が

穏やかじゃない

状態というのは

 

誰かに

優しくされると

 

マジで

やばい。

 

もう

どこにも

いかないで。

 

って

本気で思う。

 

とりあえず

お茶飲み。

 

と勧められ

ゴクッと入れた。

 

そのあとは

とりあえず

 

電話をしてみるが

繋がらず

 

ラインで

 

すいません。

 

今、緊急手術中で

一刻も争う危険な様子です。

 

とだけ来た。

 

どうして

君がでてくれないの?

 

傍に付き添ってるのが

僕だけで

 

離れることができず

病院内のためです。

 

と言われ

 

状況が

掴めないことに

 

凄く

イライラした。

 

紗楽が

大丈夫?

 

今日は

無理だよ。

 

だから

落ち着いてから

 

話し聞けば?

と冷静な判断で

 

僕の感情を

落ち着かせてくれた。

 

今日は

お酒に頼ろう。

 

と慰めてくれて

 

2人で飲んだ。

もう夜中の2時なのに・・・

 

完全に

俺のダルがらみに

付き合ってもらっている。

 

申し訳ない。

 

俺は10分程度で

酒を飲み

 

紗楽が

お酒あげる。と

言ってくれたので

 

それも

飲んだ。

 

少しだけ

酔えればいい。

 

悪飲みして

楽になりたい。

 

それしかなかった。

 

ごめんな・・・

こんなことになって。

 

無関係な

お前を巻き込んだの

申し訳ないと思ってる。

 

ううん

大丈夫

 

関係ないことは

ないでしょ。

 

私も

先生として

グループにいるし。

 

まーね。

 

ホント

優しいな。

 

俺には

できない。

 

ここまで

心を広くしないと

ダメだわ。

 

マジで

すげーよ

 

ありがとう

 

でも

あきらさんも

十分に凄いと私は思う。

 

あの時

斉藤さんで

出会ってなければ

 

今、こうして

一緒にいないし。

 

私は

確実に

2割の女だった。

 

それを

 

気づかせてくれたのは

あきらだよ。

 

私は

感謝してるし

 

一生懸命

取り組んでいる

姿勢がかっこいい。

 

きっと

 

あきらと

出会って何かしら

変わった人いると思う。

 

ブログだって

面白いし

 

あれで

彼女作った人

いるんでしょ?

 

それって

凄いことだよ!

 

私は

誰かの何かを

変えられる程の

力を持ってない。

 

自信もない。

 

出来ないから

逆に尊敬するのかも

しれない。

 

あきらが

一人ひとりを

大事にした結果だよ。

 

私が

怖いのは

 

それで

止めてしまって

 

ほかのメンバーを

考えられなくなること。

 

あきらを

必要としてる

人が私含めて沢山いる。

 

それを

忘れないで。

 

こう思いを

伝えられた時

 

俺は

ちゃんと

涙を流してしまった。

 

これまで

必死にやって

 

戦い抜いた。

 

だけど

支えれることは無く。

 

支えなきゃ!

という精神で

 

活動していたから。

 

だけど

 

俺は今 紗楽に

支えられている。

 

寄り添ってもらう

温かさを

 

身をもって

体験してる。

 

これが

頼られるって

ことなのかな?

 

と考えさせられる程

 

紗楽に

寄り添ってほしい。

 

と強く思ってしまった。

 

こんな

素敵な仲間が

近くにいてくれたこと。

 

幸せに感じる。

 

今日という日は

人の温かさを知る

 

いい機会になった。

 

そして

 

同時に

人は弱く

もろい生き物。

 

これも

同時に知った。

 

勿論

止めるつもりはない。

 

やり遂げる!

 

どんなことが 

あろうとも歩く。

 

決断したから。

 

でも

弱ったときは

 

誰かに

頼ってもいいんだ。

 

と力が抜けた。

 

ありがとう。

 

これだけ

伝え

 

もう

遅いから

寝ようかと言って

 

一緒に

ベットに入った。

 

腕枕をして

頭を撫で

 

最後に

お休みのキスをして

 

紗楽が

先に寝た。

 

無理させて

ごめん

 

お前は

ホント優しすぎる

 

辛いことが

あったら相談できる

男でいよう。

 

俺が皆を

支えるんだ!

 

と自分を

取り戻すことが出来た。

 

明日も

ブログを書かないと。

 

今日は寝る。

お休み。

 

第7章完

 

追伸

 

ブログ認知マップ

【全国制覇!!!】

  

追伸2

 

【過去100人達成!!!!】 

 

現在

女性:46名

男性:74名

 

合計120名のエロ好きが

マル秘ライングループ♡に

参加してくれています。

 

後々、女性には

協力していただいて

 

男性を交えた

エロトークなどを

オンラインで開催する予定です。

 

女性でも

参加してくれています。

 

女性から

本音の意見が聞ける

グループはうちだけなので

 

モテたい男性集合!

 

追伸3

 

オンラインオフ会開催!

120名集まり次第

 

人狼ゲームを行います\(^o^)/

 

残り

0名!!!!

目標達成!!!!!

 

一緒に楽しく

遊びながら恋愛を学ぼう!

 

既に1人ではなく

他に参加者がいるので

安心してください。

 

このグループに

参加したあなたは

 

ここだけしか

聞けない女子の本音を

手に入れることができ

 

女を虜にする男に

生まれ変わり

 

その結果

長続きができる

男に変化します。

 

なので

モテます。

 

一緒にグループで

勉強しあなたが好きな女性を

口説き落としていきましょう!

 

参加者には

2点プレゼントがあります。

 

・エロイプマニュアル!女を落とす7つの法則

・18禁!エロ禁断書

 

2つの情報を差し上げます。

 

実際に

 

・斉藤さん

・キャス

・ロンリー

・声とも

 

などで実践して

頂いて構いません。

 

女性と仲良くなって

その後の続きも楽しんでください(^^♪

 

追伸4

 

【夢企画!】

 

今日から配布

今すぐゲット!

 

斉藤さんで知り合った

120%素人エロ画像特集13枚

写真集で差し上げます!

 

2人の女性と同時に撮影!

グループ通話で起こった奇跡!

 

これを

見てあなたも

同じように斉藤さんで

女性と楽しんでもらえればと思います。

 

ドエロなことを

しちゃってください(≧▽≦)

 

最後に・・・

 

うちの

グループには

ルールがあります。

 

ですから

 

女性が安心して

参加してくれているのです。

 

その結果

男性には嬉しい。

 

女性からの

生の意見が聞ける

 

ということ。

 

あなたが

僕のグループで

女性にちょっかいを出すと

 

怖がる恐れがあり

それにより退会してしまう

可能性もあり得ます。

 

絶対に手は

出さないでください。

 

ここまで

聞いて

 

情報を受け取りたい

思ったあなた!

 

ちょっとだけ

勇気を振り絞って

 

僕にラインスタンプ

送ってきてください。

 

そのあと

僕が対応させて頂きます。 

マル秘ライングループ♡に参加しよう♪

 

f:id:akira09171089:20191006125227j:plain

面白いグループだからおいでー\(^o^)/

 

ブログランキングに参加しています。

記事が少しでも良かったと思って頂けたら

 

クリック宜しくお願いします。

 


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング